TIVA? TAVI??

医学用語

アルファベットを入れ替えただけの2つの略語ですがそれぞれまとめました

TIVAとは

TIVA(ティバ)と呼びます。Total IntraVenous Anesthesiaのことで全静脈麻酔と訳します。吸入麻酔を使わず、麻酔の3要素の鎮静、鎮痛、筋弛緩を全て静脈麻酔で行います。

TAVI

ここの話は(2019/6/26)現在の話です。

 TAVI(タビ)と呼びます。Transcatheter Aortic Valve Implantationのことで経カテーテル大動脈弁植え込み術と訳します。開胸せずに経皮的にカテーテル挿入し、狭窄した大動脈弁の内側に、バルーンに装着した生体弁を進め、バルーンを拡張することで生体弁を留置する技術です。

 現在の適用は大動脈弁狭窄症のみです。

 メリットとしては開胸せず人工心肺も使用しないので、従来の外科的治療に比べて低侵襲で行えることです。

 現在使用可能なデバイスは

  1. 経カテーテルウシ心嚢膜弁「サピエンXT」(エドワーズライフサイエンス株式会社)
  2. 経カテーテルブタ心嚢膜弁「コアバルブ」(日本メドトロニック株式会社)

です。

 適応は

  1. 高齢(80歳以上が目安)で開胸、人工心肺使用による大動脈弁置換術(AVR)に耐えられる可能性が低い症例
  2. 冠動脈バイパス術や他の開胸手術の既往があり、再開胸が望ましくない症例
  3. COPD、その他基礎疾患、体格、栄養状態を考慮し、なるべく侵襲を少なくしたい症例

などが挙げられます。

 大動脈弁へのアプローチ法は

  1. 大腿動脈から挿入するTFA: transfemoral approach
  2. 心尖部から挿入するTAA: transapical approach

などがあります。通常TFAが行われますが、下肢のASOや大動脈の屈曲、壁在石灰化の程度が強い時はTAAを行います。

参考

イヤーノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました