BE

医学用語

BEとは

BEとはbase excessの略です。2つの説明を下にあげるのでわかりやすい方で理解してください。

1. 正常な二酸化炭素分圧(pCO2)の血液を正常なpHに戻すために追加または削減する必要のある理論的な酸の量。

2. buffer baseの正常値からの偏位。

※buffer base(BB): 生体内で緩衝に関与している塩基の総和。 正常の状態では48mEq/

基準値

pCO2とpHの両方が正常であれば、BE はゼロ、または少なくとも基準範囲内。

国試では基準値は-2〜+2で覚えてました。

なぜBEを測定するのか

 BEは酸塩基平衡障害の説明に有用で、特に、代謝性アシドーシスと代謝性アルカローシスの重症度の評価と、一次性の呼吸性酸塩基平衡障害患者の代謝性代償の識別に役立つ。

HCO3‐もBEも代謝性異常をみる指標であるが、HCO3‐は呼吸性でも(代償性に) 代謝性でも変化する。 BEは代謝性異常によるHCO3‐の増減を示す指標として考案された。

つまりBEが変化していれば、すぐに代謝性の変化と診断できる。

臨床的解釈

臨床でのBEの値は、酸塩基平衡における代謝性(非呼吸性)因子を定量化する術となります。定義上、呼吸性因子であるpCO2には影響されない。

BEは、緩衝塩基が上昇または低下しているかによって、負または正の値になります。ゼロからの逸脱の度合いが代謝性障害の重症度を示唆する。

BEが負の異常値の場合(塩基欠乏と呼ばれることもある)は塩基(主にHCO3)の減少または非炭酸の相対的増加が示唆され、代謝性アシドーシスとされる。

正の異常値の場合は塩基(主にHCO3)増加または非炭酸の減少が示唆され、代謝性アルカローシスとされる。(塩基過剰)

まとめ

代謝性因子の指標

-BE ; 代謝性アシドーシス

+BE ; 代謝性アルカローシス

参考

http://www.osaka-amt.or.jp/lecture/bloodgus/060927.pdf#search=%27be+酸塩基%27

ベースエクセスBE|血液ガス|用語集|ラーニング|ラジオメーター株式会社 - www.acute-care.jp
ベースエクセスBEは、正常な二酸化炭素分圧(pCO2)の血液を正常なpHに戻すために追加または削減する必要のある理論的な酸の量です。pCO2とpHの両方が正常であれば、BE はゼロまたは少なくとも基準範囲内です。cBase(Ecf)の基準範囲(例):女性:-2.3~2.7mmol/L、男性:-3.2~1.8mmol/L

コメント

タイトルとURLをコピーしました