映画コンフィデンスマンjp

日常

コンフィデンスマンjpとは

今日はコンフィデンスマンjpという映画を観てきました。コンフィデンスマンjpは2018年4月からフジテレビで放送していたドラマです。映画化が発表された時も視聴者をも欺くドラマの展開から、「実はこれも詐欺なんじゃないか」と疑う声があがっていたそうです笑

あらすじをは、天才的知能を持つが詰めの甘いダー子(長澤まさみ)と、ダー子に振り回されてばかりのお人よしなボクちゃん(東出昌大)、百戦錬磨のベテラン詐欺師のリチャード(小日向文世)の3人の信用詐欺師(=コンフィデンスマン)達は、香港マフィアの女帝ラン・リウ(竹内結子)が持つと言われる伝説のパープルダイヤを狙い、香港へ向かいます。3人がラン・リウに近づき様々な策を講じる中、天才詐欺師ジェシー(三浦春馬)も彼女を狙っていることが判明。さらに以前ダー子たちに騙された日本のヤクザ・赤星栄介(江口洋介)の影もちらつきはじめ、事態は予測不可能な方向へ向かいます。

ドラマ版のキャストの長澤まさみ、東出昌大、小日向文世、小手伸也に加えて映画版では竹内結子、三浦春馬、江口洋介が出演しています。江口洋介はドラマの第一話に出演していました。

ドラマ版は1話完結で各話ごとに違う人が出演していました。ドラマは一話完結型でした。ドラマを見ていなかった人でも映画を楽しめます。予告で騙し合いが行われることは分かっていたので騙されないように気をつけていたのですが、見事に騙されました笑

主題歌「Pretender」

映画の主題歌はOfficial髭男dism の「Pretender」が起用されました。ドラマのコンフィデンスマンでは「ノーダウト」という曲が起用されていました。映画のために書き下ろされた曲で世界観にマッチしています。これまであまり聞いたことがありませんでしたがこの曲をきっかけにOfficial髭男dismが好きになりました。

おきまりの台詞

私は知らなかったのですが、どうやらコンフィデンスマンにはおきまりの台詞があるようです。

目に見えるものが真実とは限らない。何が本当で、何が嘘か。

こういう台詞、個人的に好きです。映画ではオスカー・ワイルドの名言が使われています。

「恋が、いつだって自分を欺くことから始まり、他人を欺くことで終わる。これが世間でいうロマンスというものである。」

ふ、深い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました